苦手『意識』を意識しない?!

投稿者: | 2017年10月27日

唐突ですが・・・

私はチーズと納豆とネズミが苦手です(^_^;)
どうしても、これだけは克服できませんでした。

皆さんも、苦手なモノありますか?

苦手なモノが目の前にあると、
そこに意識がどうしても行ってしまって、気持ちがどんよりしたり
カラダが硬直して、うまく笑えなかったり
そんな経験、あるのではないでしょうか?

苦手は
モノだけではなく、事柄(作業)や人間も対象ですね。

でもね、この苦手「意識」って誰が作ったものでは無くて
自分自身が作った「意識」なんですよ。
だから、今度は、苦手を「意識」しない事にしてみては、どうでしょう。

なんのこっちゃ(-_-)
と、思うかも知れませんが
自分の「意識」は、自分でコントロールできるって事です。

ちなみに、私は苦手なチーズと納豆とネズミの中で
どうしても克服しなければいけない状況になったチーズ。

何故かと言うと、前の仕事でイタリア人の方がクライアントの
プロジェクトがあって、度々会食をしなければいけなかったんです。

イタリア人に、チーズが嫌いってバレちゃ、仕事がうまく行かないって
上司に言われて(今となっては真偽は不明です)考えたのが
チーズには、いろんな種類があるから、その中で好きなものを探そうって事。

結果、マスカルポーネはイケる!と言う事になりました。

鼻息荒く臨んだ会食の場で、クライアントのイタリア人の方の
お父様が、大の乳製品嫌いで、イタリア人なのにチーズは嫌いと言う事が判明。
私の努力は・・・

話がそれましたが
苦手なモノも角度を変えて見てみれば、結構いいとこあるよね~って思うって事です。

苦手なモノを意識しない。
なんなら、苦手って何?くらいの気持ちで、いろいろチャレンジできれば
楽しいですよ~♪

2017年10月27日
カテゴリー: column